弁護士費用

法律相談

お客様の抱えるトラブルについて弁護士がお話を伺い、法律的な観点から解決方法についてアドバイスをいたします。

30分あたり5,000円(税別)
法律相談終了時に現金で頂戴しております。

個別案件(民事事件・刑事事件)の代理など

ご相談いただいた案件について、お客様に代わって弁護士が示談交渉や裁判等を担当いたします。その際の費用体系には、“着手金・報酬制”と“時間報酬制(タイムチャージ)”という2つの種類がございます。

着手金報酬制

ご依頼時(委任契約時)と事件終了時の合計2回、所定の費用を頂戴する方式です。当事務所における一般的な費用体系となります。

着手金……ご依頼にあたって頂戴する費用です。ご依頼案件の結果を問わず弁護士にお支払いいただく対価となります。

報酬……ご依頼案件の解決した際、弁護士の成果に応じて頂戴する費用です。当事務所の報酬基準上“成功”と評価できるものがない場合、報酬は発生しません。

民事事件(交通事故を含む)の着手金と報酬については、ご依頼案件における“経済的利益”をもとに、以下の方法によって算定されます。
何をもって“経済的利益” とするかは案件によって異なるため、詳細は法律相談時にご説明することになります。
イメージとしては、
着手金算定時の経済的利益:“相手方に請求する(請求を受けた)金銭や物などの評価額”
報酬算定時の経済的利益:“弁護士が相手方から獲得(防衛)した権利(義務)の評価額”
とお考えください。

着手金 報酬
経済的利益:~300万円 10万円~経済的利益の8% 経済的利益の16%
経済的利益:~3,000万円 経済的利益の5%+9万円 経済的利益の10%+18万円
経済的利益:~3億円 経済的利益の3%+69万円 経済的利益の6%+138万円

時間報酬制(タイムチャージ)

時間報酬制(タイムチャージ)とは、ご依頼案件の経済的利益に関わらず、弁護士が原則として1ヶ月に一度、当該案件に関する実働時間を集計し、その合計時間に対して費用を請求する方式です。時間報酬制(タイムチャージ)の場合、案件終了時に報酬をいただくことはありません。

1時間あたり2万円~

弁護士保険・弁護士特約をご利用のお客様へ

交通事故案件などにおいて、ご自身の保険に弁護士特約が付保されているお客様につきましては、保険を利用しての法律相談や案件のご依頼が可能です。
適切な賠償を実現するためにも、積極的なご活用をお勧めします。

その他の費用について

弁護士への着手金・報酬などに加え、弁護士が案件を進めていくにあたり以下の費用が必要となります。

郵便等の通信費、裁判所等の機関へ納める手数料(収入印紙)、送金に際する振込手数料、移動に伴う交通費・宿泊費など
遠方へ出張した際の出張料

顧問契約

月額顧問料:3万円~10万円(詳細はこちら