年代
10代
性別
男性
職業
学生
傷病名
外傷性くも膜下出血・右鎖骨骨折・右肘関節打撲傷・右下腿打撲傷・右側前頭葉脳挫傷
治療期間
28ヶ月
後遺障害等級(依頼前)
後遺障害等級(依頼後)
併合11級
賠償金額(依頼前の提示金額)
約540万円
賠償金額(最終的な解決額)
950万円

弁護活動のポイント

後遺障害の具体的内容や実生活での支障を主張

本件では、逸失利益に関する後遺障害等級が12級13号であったことや、ご本人が若年であったこと等から、保険会社側が労働能力喪失期間を10年に制限した内容での示談提示がありました。その後、ご家族が交渉した結果、早期解決案として700万円という提案を口頭で受けたものの、その妥当性に迷いがあったことから、当事務所がお引き受けする形となりました。ご依頼後、当事務所において、類似事件の裁判例を引用しつつ、後遺障害の具体的内容や実生活での支障を主張した結果、逸失利益が増額修正され、最終的に950万円での示談が成立しました。