年代
30代
性別
男性
職業
会社員
傷病名
外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、右肘関節捻挫
治療期間
4ヶ月
後遺障害等級(依頼前)
後遺障害等級(依頼後)
賠償金額(依頼前の提示金額)
賠償金額(最終的な解決額)
62万円

弁護活動のポイント

医師の意見書を踏まえて弁護士が協議

当初、相手方保険会社より事故後3ヶ月で治療の打切りを求められていましたが、医師の意見書を踏まえて弁護士が協議した結果、治療期間を1ヶ月ほど延長することができました。その後の慰謝料の交渉では、相手方当初提示額を19万円ほど増額しての示談となりました。