各種契約書チェックについて

各種契約書チェックについて

各種契約書作成、チェックについて 1

御社で使用されている契約書、どなたが作ったものですか?
取引の相手方が作成した契約書、意味も分からずに押印していませんか?
裁判になったときの勝敗は、契約書の段階で決まってしまうことが多いです。
つまり、契約書中に、御社に不利な文言が書かれてしまっている場合、それを裁判になった段階で覆すことは、ほとんどの場合不可能です。
「よく意味が分からなかったから・・・。」、「そういう意味だとは思っていなかったから・・・。」などということは、裁判の場では通用しません。
契約書に押印する前の段階で、御社に不利益な契約内容になっていないか、診断してみませんか?

各種契約書作成、チェックについて 2

弁護士大和田彩の顧問契約では、簡単な契約書の作成やチェックに関しては、月に何度でも、無料で対応しております。
・これから契約を交わしたいが、どのような内容の契約書を作成したらよいか。
・取引の相手方から、相手方が作成した契約書を渡されたが、この契約書に押印してしまって大丈夫か。
・社内で何十年も使用している基本契約書があるが、これからもこの契約書を使い続けて大丈夫か。
など、契約書にまつわるあらゆるお悩みに対応いたします。
ぜひ、弁護士による契約書作成、チェックを大いに利用して、不要な争いを予防してください!

各種契約書作成、チェックについて 3

現在の記載のまま残していただいて結構です。
また、一番下の欄に、「この他にも、御社の必要に応じた契約書を作成いたします。」という記載を追加してくださいますようお願いいたします。