年代
性別
職業
傷病名
治療期間
後遺障害等級(依頼前)
後遺障害等級(依頼後)
賠償金額(依頼前の提示金額)
お客様の過失20%
賠償金額(最終的な解決額)
お客様の過失0%

弁護活動のポイント

ドライブレコーダーの映像等が決め手に

本件は、駐車場内の事故につき、相手方保険会社からお客様にも20%の過失があると主張されていた事案でした。
しかし弁護士が詳細な事故状況を確認していくと、お客様において相手方車両との衝突を回避することは不可能なように思われました。そこで、当方から民事裁判を起こし、お客様が無過失であることを主張立証していく方針を採ることにしました。裁判では、ドライブレコーダーの映像等が決め手となり、お客様の修理費用全額を相手方に負担させることができました。