年代
60代
性別
女性
職業
会社員
傷病名
治療期間
後遺障害等級(依頼前)
後遺障害等級(依頼後)
賠償金額(依頼前の提示金額)
車両修理代金の30%
賠償金額(最終的な解決額)
車両修理代金の70%

弁護活動のポイント

現場の特殊性を主張立証

本件は待避所から狭隘道路に進入しようとしたお客様車両と、その後方から同じく狭隘道路に進入しようとした相手方車両とが接触した物損事故でした。
当初、相手方はお客様側の進路変更を理由に、こちら側に70%の過失があると主張していました。
しかし、道路の形状から考えて、待避所にいたお客様車両を横切って相手方が狭隘道路に先入すること自体に危険性があり、本件を通常進路変更と同様に考えることは適切でないと思われたため、裁判を起こすこととしました。詳細な現場検証結果をもとに本件現場の特殊性を主張立証した結果、当初の過失割合を逆転させ、お客様の過失を30%とする内容での和解ができました。