年代
50代
性別
男性
職業
会社員
傷病名
左鎖骨遠位端骨折 等
治療期間
18ヶ月
後遺障害等級(依頼前)
後遺障害等級(依頼後)
12級6号
賠償金額(依頼前の提示金額)
賠償金額(最終的な解決額)
約784万円(自賠責含む)

弁護活動のポイント

実態に合わせた休業損害の支払を継続

本件は、鎖骨の骨折により肩関節の可動域制限が生じた案件となります。
弊所の主な弁護活動は、治療期間中の休業損害の交渉と後遺障害申請、そして認定後の示談交渉でした。
まず休業損害についてですが、お客様の復職に伴い、相手方保険会社から支払の打切りを求められる場面がありました。しかし、お客様の復職は段階的に実施される予定であり、復職後に組まれたシフトでは従前の収入を確保することが困難が状況でした。そこで、弁護士が当該収入差額を資料によって明確化したところ、実態に合わせた休業損害の支払を継続することができました。

後遺障害についての被害者請求

次に、本件では弊所で後遺障害について被害者請求を行いました。主治医の先生が症状や医学的所見を詳細に診断書に書いてくださったことに加え、弊所においてもお客様の陳述書や弁護士としての意見書を自賠責に提出し、想定される等級を獲得することができました。最終的な示談交渉においても、相手方保険会社の初回提示の約1.6倍まで支払額を増額し、解決となりました。