お客様の声 ~賠償金の増額~

【賠償金額】約2260万円 → 約7500万円 20代男性
本件は、交通事故によりお客様に深刻な後遺障害が残存してしまった案件でした。
もっとも、相手方保険会社側は、お客様が若年者であることや事故後に就職して収入を得ていたことを理由に、逸失利益等につき大きく争う姿勢を見せておりました。そのため、弊所としては訴訟提起を選択いたしました。
もっと見る
【賠償金額】約5万5000円 → 約40万円 40代女性
本件では、お客様の事故治療について当初から相手方保険会社が否定的で、事故から1ヶ月ほどで通院を止めるようご本人や病院側に働きかけを行っていました。
もっと見る
【賠償金額】1650万円 → 2600万円 40代男性
死亡慰謝料や親族固有慰謝料の主張によって慰謝料額を増額しました。
もっと見る
【賠償金額】約540万円 → 950万円 10代男性
本件では、逸失利益に関する後遺障害等級が12級13号であったことや、ご本人が若年であったこと等から、保険会社側が労働能力喪失期間を10年に制限した内容での示談提示がありました。
もっと見る
【賠償金額】約42万円 → 120万円 50代女性
主に慰謝料と休業損害について交渉を行いました。
もっと見る
【賠償金額】約45万円 → 約230万円 50代女性
本件のお客様は、治療終了後に頚部痛などの後遺症が残存していたものの、事前認定の結果は後遺障害非該当でした。当事務所としては、こうした状況をどうにか打開すべく、お客様のご依頼をお受けすることとしました。
もっと見る
【賠償金額】約200万円 40代男性
事故直後からご依頼いただき、症状固定を待って、後遺症の申請を行ったところ後遺症は14級9号で認定されました。
もっと見る
【賠償金額】約784万円(自賠責含む) 50代男性
本件は、鎖骨の骨折により肩関節の可動域制限が生じた案件となります。弊所の主な弁護活動は、治療期間中の休業損害の交渉と後遺障害申請、そして認定後の示談交渉でした。
もっと見る