不動産関係

当事務所では不動産売買や賃貸借等に関する案件にも対応しており、特に浜松市をはじめとする静岡県内や愛知県その他隣接地域の不動産を巡るトラブルに注力しています。

私たちにとって不動産は重要な資産であるとともに事業活動や生活の拠点です。したがって、その権利関係に不安が生じた際には一刻も早く問題解決を図る必要があります。
なかでも、立退きを巡る紛争については話し合いが難しいことも多く、その場合には裁判や強制執行を視野に入れた計画的な対応が求められます。

当事務所の弁護士は、こうした紛争について不動産業者様からのご依頼を数多く承ってきた実績もありますので、どうぞ安心してご相談ください。

弁護士よりひとこと

鈴木悠太弁護士

当事者同士では話し合いが難しいトラブルも、弁護士にご依頼いただくことで解決に向かう場合が少なくありません。

大和田彩弁護士

これまでの実務経験を活かし、お客様の費用対効果に最大限配慮した方針をご提案いたします。

オーナー様向けサービス

未払賃料の回収・強制退去

家賃の未払いはオーナー様にとって深刻な問題です。特に、借り主が経済的に行き詰まっているケースでは、オーナー様としても速やかな措置を検討しなければ損失が拡大していく一方です。
当事務所では、オーナー様に代わって適切な証拠が残る形で滞納家賃を請求したうえ、回収が困難と判断した場合には速やかに退去への準備をご提案します。オーナー様の損失を最小限に食い止めるためにも、ぜひ当事務所にご相談ください。

用法違反その他契約違反への対応

借り主に重大な契約違反が疑われるケースでは、速やかな契約解除と退去請求が必要になる場合があります。
もっとも、日本の法律では借り主側が保護されており、形式的に契約違反がある場合でもオーナー様からの解除が認められないことがあります。また、不動産賃貸借の解除は借り主の生活・事業に及ぼす影響が大きく、相手によっては感情的になり、頑なに話し合いを拒否されてしまうケースも珍しくありません。加えて、たとえ裁判で勝訴しても、法律の抜け穴を突くような方法で強制退去を回避されてしまうケースも残念ながら存在します。

このように、不動産の退去問題については、専門的知識に基づく緻密な判断と丁寧かつ毅然とした交渉態度が必要です。手順や判断を誤ると、紛争が長期化するばかりか、最悪の場合には多くの時間と費用を費やしたにもかかわらず結局退去が実現しなかった、ということもあり得るのです。

自分のケースでは契約解除が認められそうか?
退去を実現するにはどのような手順を踏んだらいいのか?

というお悩みは、お気軽に当事務所にご相談ください。

テナント(賃借人)様向けサービス

当事務所では、オーナー側から退去を通告されてしまったお客様からのご相談も受け付けております。

日本の法律では借り主が保護されており、オーナー側の一方的な都合で退去が命じられることは通常ありません。また、オーナーが勝手にあなたの荷物を搬出すること等は法律で禁止されており、正規の裁判手続を通じて退去を実行するには一定の準備と時間が必要になります。したがって、お客様が今日明日すぐに居所を追い出されることはありません。

お客様側に契約違反があったとしても、それが重大なものでなければ賃貸借契約が維持できるケースも少なくありません。また、仮に退去がやむを得ない場合でも、交渉次第では立退料の支払いを受けることより転居の負担を最小限に食い止められるケースもあります。

このように、賃借人としての権利を守るためには、早い段階で専門家を入れた交渉を行うことが非常に有効となります。

不動産案件の弁護士費用について

料金体系

着手金
経済的利益の最大8%
成功報酬
経済的利益の最大16%

不動産案件の“経済的利益”に関する考え方

賃料増減額請求事件
7年分~実際の契約残存期間分に係る賃料増減額
所有権に関する事件
対象物件の時価相当額
占有権・地上権・永小作権・土地賃借権および使用借権に関する事件
対象物件の時価の2分の1~当該権利の時価相当額
建物所有権に関する事件
建物の時価相当額+敷地の時価の3分の1の額
建物の占有権・賃借権および使用借権に関する事件
対象物件の時価の2分の1~当該権利の時価相当額+敷地の時価の3分の1の額
地役権に関する事件
承役地の時価の2分の1の額