債務整理の解決事例

小規模個人再生

個人再生により1000万円の負債を200万円に減額

負債総額

5社 1000万円

200万円

相談時状況

30代 男性
会社員

状況・相談内容

20代の頃からクレジットカードを利用しており、社会人になってからもリボ払いで利用しているうちに負債は1000万円を超えていました。
都内の法律事務所に任意整理を依頼していましたが、同事務所が倒産。事件は他の事務所に引き継がれましたが、委任契約を解除してこちらの事務所へ相談に来ました。
〔資産状況〕年収700万円以上、資産150万円(退職金・預貯金)

弁護士より解決の提案

〈任意整理の場合〉
負債を減額することはできず、返済総額1000万円
返済期間3年の場合、毎月28万円の返済
返済期間5年の場合、毎月17万円の返済

〈個人再生の場合〉
元金を含め、宇佐委を大幅に減額、返済総額200万円
返済期間3年の場合、毎月5万6000円の返済
返済期間5年の場合、毎月3万4000円の返済
資産を処分する必要なし

収入状況、各手続きの条件から本件は個人再生が適していると判断しました。

結果

小規模個人再生手続きにより1000万円の負債を200万円に減額することができました。
150万円あった退職金や預貯金などの試算を処分する必要もなく、毎月56000円程度、3年間で返済することにより解決することができました。

担当弁護士からのコメント

破産が債務者の財産を清算したうえ負債を帳消しにする(経済的なリセット)のに対し、民事再生は、窮地にある債務者について負債を軽減することで経済の再建(破産の回避)を目指す法的手続となります。
裁判所の関与のもと任意整理では実現が難しい抜本的な負債の見直し(元本及び利息の大幅な減額)が可能です。

費用

依頼者の預貯金を使って、手続きに関する費用を一括で支払い