債務整理の解決事例

時効援用

10年以上前の債務について訴訟提起されるも消滅時効の援用で裁判終了

負債総額

1社 60万円

0円(免責)

相談時状況

70代 女性
無職

状況・相談内容

10年以上前に消費者金融から借金をしていましたが、長期の体調不良によって返済ができなくなり、そのまま債権者からの督促もなく時間が経過していました。
すると突然、債権者から貸金請求の裁判が提起されました。

弁護士より解決の提案

状況から見て、依頼者の債務は時効になっている可能性が高いと判断し、訴訟の対応を受任しました。

結果

弁護士が確認したところ、予想通り債務について消滅時効が完成していました。
答弁書にて時効を援用した結果、相手方の訴訟取下げにより裁判が終了しました。

担当弁護士からのコメント

近時、消滅時効が完成している債権について、債権者が訴訟的を行うケースが増えてきています。
裁判所からの手続きに慌ててしまい、うっかり債務承認をしてしまうことがないよう、まずは弁護士に相談することをお勧めします。