事務所ブログ

弁護士の休日

浜松市の弁護士・税理士の大和田彩です。
ついに年号が令和に改まり,新しい時代を迎えましたね。今年のゴールデンウイークは10連休という方も多いのではないでしょうか。皆様は,休日をどのように過ごしていますか。
鈴木・大和田法律事務所ではこの休み中,事務所自体は閉めているものの,顧問先企業様の件を中心にお客様にご依頼いただいている案件の業務整理を行う傍ら,各々の弁護士が書籍等を読み勉強をする時間をとりました。
私は,これを期に,債権法と相続法の改正関連の書籍を読みあさりました。
弁護士になるためには,司法試験をクリアした後,1年間の司法修習を経て,二回試験と呼ばれる実務試験を通過する必要がありますが,その後は特に試験等なく,弁護士としての業務に当たっていくことになります。法律は都度新しくなっていきますが,弁護士には運転免許のように数年ごとに資格を更新するための講習や試験などがあるわけではありません。そのため,知識のアップデートは完全に自己責任となってしまうのです。
私も,鈴木悠太弁護士も,信念として顧問先企業様をはじめとするクライアント様の利益に資するため,常に自己研鑽し知識と技術をアップデートしていきたいと考えています。日頃の研鑽の成果を今後の業務にて発揮し,お客様に還元していく所存です。